上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.01 19ゴミ。
ついに家の中掃除ってことでとりあえず縁側から始めてみて、縁側の納戸を放り出し。
風呂の焚口のゴミを集めて土を出して、家の中なのに土が盛ってある壁際。
虫が湧いてるカビだらけの金魚の部屋を全部捨てて。
つか暗い、いっぱいになって捨てられた部屋だから使ってる部屋に蛍光灯すら持っていかれたというな。
父よ、ひどいな。
でもこの部屋には一部分だけライトアップされた水溜りがあってな、それが便所に行く度にマイナスイオンで癒されるのだ。
滑りとゴミを取って苔を生やせばもっと雰囲気が出ていいと思う。
風呂掃除は、結構いらんもん排除してたので一時期に比べれば広いし満足してたけど、全撤去したら隅という隅からクモの足やらゴッキーの羽やら小虫の死骸やら、出てくるもんだなぁ。
もうなんも考えず素手で撤去撤去。
隅々まで目が届くように整理した!
夜になって、今回の掃除のいちばんの難関、台所に着手。

冷蔵庫すら出す前。
まぁ一部だからそんなに散らかった汚い感じは薄いな。
こんなとこで作ったメシ食いたくないよな。
つか作るのには入るのもいやだわ。
床が抜けてるとこもあるし、今の床ではいくらキレイにしてもした気がしないので、床の張り替え、つか、上に被せる。
だから隅々まで掃除してないといかん。
拙者はこう見えて、変なとこ潔癖症。
生ゴミとか形もなくなったような虫たちの死骸の臭いとか、床が真っ黒になる程のねずみのうんことか、もういやっちゅうほどあった。
マスクも保護メガネもしてたし口も閉じていたのに見てるだけで喉が苦い。
もう思い出すのもおぞましい。
つか記憶が飛んでてあまり憶えてない。
たぶん消去した。
憶えてたら生きられないからな。
とにかく掃除してる間中口の中いっぱいにねずみの糞食ってるような気分だった。
床の張り直しはちちうへがやった。
汚いのにどこでも触り回る。
食べ物触るのに手を洗いもしない。
もう同居してるってだけで気が狂いそう。
鬱だな。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。