上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハプニングがあって少し遅れたけど、予約できない店だったからしていないし、福くん(仮名)は遅刻癖があるので30分くらい遅れても、向こうはそれを上回る1時間の遅刻で問題なく焼肉ディナースタートよ。
そもそも今日のディナーは福くん(仮名)におこぼれでたかったアダモステ(仮名)がお返しをするって焼肉だったわけで。
何でまた焼肉かと言うと、福くん(仮名)の食べたいものが焼肉しかないということで。
来週も似たような焼肉ディナーがあるので、両方付き合う拙者は焼肉ばっかもどーなのってところだけど、これが案外食いたい気満々だったりするわけで。
つーか、今日集まるのは福くん(仮名)と、アダモステ(仮名)とここまでは問題なく、そこに、
「アダモステ(仮名)はお返ししないの?」
と言い出した拙者が乗っかり、その話をした時に近くで作業していたコテツ(仮名)を誘い乗っかったという4人。
で、お金払うのはアダモステ(仮名)ひとり。
何かおかしい?
拙者が乗っかるのに違和感があるので、もうひとり巻き込んでみたのだけどどーかしら。
全然納得はしてなかったけれど、アダモステ(仮名)は了承していたわ。
拙者は運転手だからこの際酒飲みにとってはありがたいからお金を払うのよ。
そーなるとおかしいのは拙者じゃなくてコテツ(仮名)ということになるわね

で、焼肉は相変わらず美味かったわ。
そして最終的にお金を払ったのはコテツ(仮名)だったという、どーこの流れ。
アダモステ(仮名)が酔い過ぎて財布すら忘れて行こうとしたからそうなったのだけど、まぁ食べ始めたくらいから、
「オレ福くん(仮名)の分出すからキングの分コテちゃんが払ってな」
「うん、わかった」
と不思議なやり取りをしていたけどね。
アダモステ(仮名)はコテツ(仮名)と呑むのが楽しくて飲みすぎてしまったみたい。
そのあとカラオケに行ったわ。
このメンツでカラオケを歌うのは拙者だけだけど、飲み足りんというので、閉まらない店へ行ったのよ。
歌ったのは、PVを見せる為にかけた【猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」】と、締めに歌った【ライオン】のみ。
でも6時間はいたわ。
そして料金は1万4千円。
カラオケで4人でこの値段て初めてみたわ。
これはアダモステ(仮名)が払ったけれど、酔いが一瞬だけ覚めていたわね。

それはそーと拙者、焼肉食ってる時に歯の詰め物が取れてsまったのだけれど。
金も時間もないのに困ったことだわ。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。