スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くいだおれ内山田洋とうろこファイヴ。

本日のきんぐ当番はもむっちさん。
タイトルを見てわかる通り、神戸は異人館通りに来ております!
かの有名な拙者がしがみついた煙突があるところです。
それがなんという建物なのか、究明したいと思います。

昼過ぎ到着ということで、まずは腹拵え。
っつか、アホみたいに遠くに停めてしまったので、異人館通り行く前に尻筋がヤバイ。
山でいうと麓、そっから急な上り坂をハイキングするというね。
ここらの人は一体どんな尻筋をしているのかってくらい急勾配。
あ、神戸電師専門学校があったよ。
トノサマバッタという名前ですが、殿様ではありません。
神戸電師専門学校という名前ですが、電師だけではありません。
言いながらたどり着いた、ホテルにくっついたイタリアンの店!

ドリア!リゾットか。

ピッツァ!ピッツァね。
神戸でイタリアンてめちゃめちゃうまそうやないか。
いや実際うまかったんだ。
地元だったら、イタリアン食いたくなったらここ行く!ってくらい常連になってるうまさ。
膨れた!

腹も膨れたので散策開始。
異人館はたくさんあるのでスタンプを集めてどこ行ったか記す、パスポートが売ってるんだな。
それが3500円して、キャンペーン中でちょっと割引になった。
それ買って、入口だったんだけど、試しに拙者がしがみついた煙突どれですかね?という質問してみた。
そしたらわかったね!聞いてみるもんだね!拙者有名人だから!
拙者がしがみついた煙突のある建物は……うろこの館でした!
拙者はもっと、ハリアー邸とか、ヘルゼン邸とか、外人の名前を想像してたんだけどね。
ま、名前変わったらしいしね、ちょっと腑に落ちないけど。
あと、厳密には煙突なんてものはなく、屋根から2つにょきっと出た部分がある建物だった。
その片方が阪神大震災で屋根を突き破って落下、もう1つも外壁に張っていたスレートが剥がれたと。
そのスレートの修復にタイル屋さんだった拙者が出向いたと。
確かにね、煙突だったら下には暖炉か何かがあるわけで、落下したら暖炉に落下するわけじゃない、何もないロビーに落下してたからね、考えてみりゃ煙突じゃないことはすぐにわかるわね。
それを聞いた受付のおばさんは結構興奮してくれてたよ。
そりゃきんぐと会えたんだしね、そのきんぐが、直したタイル屋さんてね。
うんうん、わかるわかる。
と、目的の館もわかったところで、順番に見ていってみる。
立体の絵に頭打つやろ!とか、どんだけ像おんねん!とか、天井低すぎ!とか、階段の足置くスペース狭っ!とか、なんで床傾いとん!とか、ベッドちっさ!とか、ツッコミを入れながら。
で、小便もしたくなったし、道中にトイレも見当たらんかったので、カフェ入ってティータイム。

神戸はなんでもうまそうや。
そしてうまい。
高い。
そーいや、カントリーマァムの変な味、土産物屋に売ってたなぁ。
用も足していざ、うろこの館。
今ではすっかり、落下した方の建物も、美術館に建て替えられ、当時の面影は全くなく。
落下してない方も、全部ではないにしろ面影なくキレイになってた。
拙者が当時、ティータイムしながら見た、クソでかい持ち主の肖像画も、幻だったのかい?ってくらい見当たらず。
道具だか水だかを運んでた時に見た、でかい窓も、見当たらんかったね。
でも、しがみついたであろう煙突もどきは健在で、いろいろ記憶違いなとこもあるけど懐かしかった。
拙者は、当時気付いてなかったけど、高所恐怖症ってヤツだったらしいので、屋根の上の足場にはもちろん上がるのも一苦労で、その上、そこで仕事しろってね、ムリな話だったので、修理はちちうへがやったんだけど。
でも異人館の屋根の上に登れるなんて、一生チャンスはないだろうと、がんばって上がってね、しがみついたというわけですよ。

そこからの景色キレイだったなぁ。
ま、うろこの館からも似た景色は観れるんだけど、強化ガラスになってて中の針金が見えたりするので、クリーンな視界では景色拝めないのでね、何も邪魔するもののない状態で、風を感じながら、海や空の青を含めた景色を見るってのは嬉しい楽しい面白い。
天守閣から自分の統べる土地を見渡すような気持ちも味わえたりしてね、良かったね。
そんな感じで、全く見覚えのない土産物屋と、おっことぬしさんを見ながら、うろこの館を後にした。

そのあとオランダ館に寄った。
パスポート持ってるとことは別料金だったけど、香水が作れるとかいうので。
でもちょいとお高くてまたの機会にした。
残念。
センスのよいシャンデリアがあった。

時間も時間で人も少なくなってきたし、そろそろ晩飯どーするかってとこで、疲れも出てきてのろのろうろうろ。
こういう時困るのが敷居の高さと値段の壁。
敷居の高さを言うと拙者たちの場合、おっさんひとりでやってる大衆食堂や立ち飲みの店が対象だったりするが、今日は神戸の一等地、素直に敷居が高い。
ま、間違って入って来ないように、入口にメニューが置いてあったりするけど、安くて5000円とかね、もむっちが2人分出してくれるらしいので、2人合わせて1万はちと高いと、ぐるぐるうろうろ。
一時は異人館付近からも抜けちゃって、

こんなのも見つけちゃった。
つーか、神社自体は見当たらないんだけどね。
役に立たないアプリさん。
どーしても食いもん系は使いこなせんな拙者。
やっとこさ入ったのがキレイなローソンの近くのフレンチの店。
ガンダムWとは言っても中日だからか、客いなくてどうかと思ったけど、普通にうまかったよ。
コース料理。

前菜。

メイン。

デザート。
食ってる途中でお祝いっぽい年配の男女が入ってきて、普段食うメシ屋でなくて、記念日に来るメシ屋だから客がいないのかと納得。
そのような店をおごっていただき、どーもありがとうございます。
ごちです!

腹も膨れたところで帰路!
とはいかず、ついでなのでまた六甲に上がり、夜景見てから帰路!
土産を買いに明石SAに寄った。

買った。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きんぐさん

Author:きんぐさん
オレは惑星ニートの王子だぞ!
なめるなぁぁぁああ!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
小魚

松尾バションボリ

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。