上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04.23 モーグル。
真のプラチナデータの名前こそ、モーグルといいます。
スキーの競技ではありません。
ま、耳で目で理解するには専門用語やら、難しい単語の多い話だったので、より深く正しく理解する為に小説を読んでる。
東野圭吾って、文章は勉強にならないけど、書くペースやら話をまとめる速さとかはすごいよね。
文章はまともに書いたらラノベサイズじゃ収まらんやろうと思うし。
小さな発想を足して複雑にするんじゃなく、シンプルにいるとこだけを足していって、一本の作品にするみたいな。
拙者みたいに小さな発想をいろいろ足してどうまとめよう?とかやってたら50年かかっても作品にはならんと思うもんな。
でもこの人の小説、読んでて楽しいもんでもないから、なかなか進まんという。
難しい言い回しは声に出して読んだ方が楽しいからそうして、まだ楽しんでる方だとは思うけど。
脚本読んでるような感じになるね。
映画が先で、それを文章にしたって感じの面白くなさ。
ま、原作ってそういうとこある。
教授の性別も、やっぱ女性のがしっくりくるなって思うし。
全然読みきれんかったが、もう売っぱらうと思う。
ある程度補完できたからいい。
やっぱニノがいてこそだよ。
京極の、ニノじゃないのにニノに似てるってだけで楽しいし、文章のお勉強にもなっちゃうし、いいやねぇ。
飽きない文ってのは必須だと思う。
あと書くペース。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。