スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。

大泉脚本の舞台。
ドラマにもなってんだねぇ。
いい話でした。
まとまってたし。
テンポもいいし。
違和感も全くなくて集中できた。
もむっちが、ラストで撃たれなくてよかったって言ってて、拙者はあの流れでそれは絶対ないから、微塵も不安には思ってなかったんだけど、そう考える人多いみたいでびっくりした。
やっちゃダメなことや、流れに沿わない、一瞬で駄作にしてしまうような結末は、拙者は端から思いつかないようにできてるんだね。
良い能力じゃないか。
大泉とかよく知らんけど、大泉なら大丈夫だろうと無意識に絶対の信頼を置いてたわ。
ま、パパパパパフィーで知ってからバラエティーでちょいちょい見て、大体は掴んでたんだろうね。
シゲの女装は女だし。
ヤスケンがシゲ取られて激昂するとことか萌えだし。
音尾さんの「私のナイトさん」に拙者は絶対反応する。
でも真っ先に大泉の見て、リーダーの見ろよって感じね。
まぁ、入口には丁度いいんじゃないかな、よく知ってる大泉の作品なんだから。
ん?知り合いみたいだな。
いちばん売れてる大泉の作品なんだから、か。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きんぐさん

Author:きんぐさん
オレは惑星ニートの王子だぞ!
なめるなぁぁぁああ!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
小魚

松尾バションボリ

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。