上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
婦人科の検査。
別に麻酔はしないので付き添いはいらんってことでひとり。
それでも付き添おうとすると鼻で笑われたのでひとり。
ひとりでも時間潰せるように荷物持ってったら遅刻したし、若干。
順番変わったのでその隙に車に忘れ物取りに行ったら、その間に呼ばれたらしく担当者キレ気味。
そんな感じではじめてのMRI。
長いドーナツの中に入って音を聞いとく。
一般的にはめっちゃうるさいというが、ライヴのチューニングだと思えば日常。
最初検査着一枚だから寒いかと思ったが、ドーナツの中がだんだんあったかくなっていって最後は暑いくらい。
結局寝ちゃった。
時間は20分くらい。
そのあとは診察。
このMRIの結果を受けての診察だから遅刻して時間が押しても診察の時間も押すだけのことなのか。
泣けなしの有休取って来てるから別に問題ないけど……うぅっ。

つーか婦人科ってムダに客多いよね。
のわりに超狭いし。
そんな溢れた客が殆どいなくなってから拙者の番。
つーか拙者が呼ばれる前にやけに研修医っぽい若い医者っつーか女医が診察室に入ってくなぁと思ってて、
見てたら看護師とか患者と親し気に話したりしてるから、人気の患者でもいて、みんな会いに来てんのかと呑気に思ってたんだが。
そやつらが出てく前に呼ばれて入ったら、担当医以外にさっき入ってった奴らが6人くらいいて、まさかの拙者待ちだった。
いや、どっかから出てったのかなーと思ってたんだよね。
なんぞ監視されながら検査結果を聞く。
まぁ前言われた通り子宮筋腫なんだけども。
大きさは7cmから10cm弱にまで拡大しました。
縦割りの画像見る限り殆どが子宮で、あるはずの膀胱やら腸は筋腫に押されてぺっちゃんこ。
そら小便も溜められずに漏れるわな。
で、腹切って子宮切って筋腫とるぜって。
言いながらお医者先生が書いたメモ。

どうやら研修医たちは、こんだけでかい筋腫を育ててる患者は珍しいからお勉強の為に立ち会っていたわけだな。
でも拙者は「全然気づかんかった」とか「え、切らんでいいの?」とか、とんちんかんなことばっか言ってて残念な患者ですまん。
だって最新の技術では切らんと取り出せるって桃久氏が言ってたもん。
まぁそんなわけでいらぬ恥をかいた。
さぁ入院の日も決まったし、いろいろ段取りしよう。
でもまだ先だからのびのびとな。
けど入院は11月だと思ってたから頑張ってたのになぁ。
まだあと一ヶ月以上も頑張んないといけないのかぁ。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。