上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.10.13 仮住ま。

あんげろのライヴは3回目ってこともあり、慣れてきたんだけど、こういうもんだって。
キリト、カリスマ性もなくなって、言う事普通だし、重みも何もなくなって、
キリトを観に行ってる感はないよね。
あー、ないね。
そうか、昔のあんげろとブランクを置いて見たあんげろは、
久しぶりって感じが全くしなかったのは、楽曲が違うからだけじゃなく、
雰囲気やオーラがまるで違うからなんだよね。
元々楽曲なんて気にして聴いてなかったし、どの楽曲やって欲しいとか、
そういう執着もなかった拙者にはどうでもいい事なんだった。
暴れて楽しみたいとか、キリトのカリスマ性やらラーが誇らしかったりしたから、ライヴとか行くの好きだったんだよな。
だからそういうのが何もなくなっちゃったので、普通のバンド観に行くような感覚になっちゃってんだな。
知らないバンド観に行くような、好きとか嫌いとかなく、勧められて付き合いで行くようなバンドと似た感覚。
行きたくて行ったシドとか金爆とかとはなんか違うもんね。
何も期待してないよって気持ちで行っちゃってんのかな。
まだ1回目は期待とかあったかもしれんな。
ギターが入って生まれ変わったってか、新しいバンドを観に行く感覚だったから。
あのキリトが新しく始めたバンドって感覚があったからな。
でもこんなもんかってわかると、ただの慣れになっちゃって、キリトを観に行ってる感覚は全くないね。
世間にも、ファンにすら媚びない孤高な感じがよかったけどね、時代遅れで、いるんだね、今の時代にって感じが。
化けの皮っつか、一度弱味見せると2度と強がれない、今そういう状態なんだろうね。
PIERROTが解散したばっかの時はまだ頑張って引っ張って行こうって感じがあったけど、今は皆無。
一緒にがんばって行こうって感じ。
そういうのは求めてないよね、キリトには。
それがいいファンはいいけど、拙者はそれじゃない。
だから、Angeloが好きとは言えないな。
キリトが好きとも言えない。
まぁ元々好きではないけど。
TKO好きだけど、やっぱどっか七光り的なもんがあったんだろうね。
一緒になって、あの頃のTKOさんじゃない気がしちゃうもん。
バンドがよくなる為に、ガラクタ集めてドラムセットにしたりさ、そういうギラギラ感見えないもんね。
活動を知らないから何もしてないように見えるだけかもしれないけどさ。
でも見えないもんね、そういう感じ。
いっぺんやめたらいいのに、バンド活動、歌うこと、人前に出ること。
忘れられた方がいいよ、何かに必死にしがみ付いてるような、何かを気にしてギリギリにとこに落ち着くより。
老けるだろうけどね~一気に。
でもPIERROTを知ってたら、いくつになっても戻ってくるよ。
と、キリトのなくなったカリスマ性について考えた公演だった。
拙者は、知ってる人に会えるから行ってるのだな。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。