上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、ムサシからアミゴー行く途中、信号待ちしながら桃久氏とケータイでしゃべってた。
桃久氏の仕事が終わっても拙者が現れないから、今どこってことだったんだが。
通話終えて車動かしながら、警官とかおらんやろな、と思いつつ窓の外見たらいて。
信号待ち中だけの通話だったので、無視しといてくれたけど、
これでもし運悪く信号が青になってたら、拙者は発進させてすぐさま停められていたわけで。
そんな肝の冷える話が1人目。

アミゴーから家へ帰ろうとバイパスの乗り口に向かってると、すぐ手前で停められている車があり、そこにパトカーが。
さっきの拙者のことを思い出し、運悪く発進してしまった人なんかと手を合わせた。
そこで3人くらい。

次はバイパス下りて桃久氏の家へ向かう途中。
橋の袂の舗装されてない空き地にパトカーや原付が普通の車を囲んで停まってた。
一体何をしとんのか知らんが、6人はいた。

そんな感じで相変わらず警官に会わない日の方が珍しいきんぐの日常でした。
ちなみに橋の袂の物々しいヤツ、桃久氏の目には見えてなかったらしい。
目が悪い上暗がりだったので、見えんかったそうな。
もしかして拙者がやけに警官に会うのは、目がいいからかしら。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。