上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.10.09 面霊気。
姑獲鳥の後は匣と思ったけど、ちょっと浮気して本島くん読んだ。
これが本島くんの最後の話だから勿体無くて残して置こうと思ったんだけど、読みたくなったので。
ホントは姑獲鳥と同時くらいに辛抱たまらんくなって読み出したんだが、姑獲鳥読んでる内に内容わからんくなったのでまた途中から読み返してみたいな。
読み返してしまったら今度は読み返した分ムダになるから最後まで読もうかと読んだわけで。
最後まで読んだら頭の話が読みたくなったわけだけども。
読んだら覚えてるんだが、思い出せないから読みたいなと。
いやいや、匣読めやと。
姑獲鳥読み終わった時に匣取って来てんだけどね、内容一応はアニメで見て知ってるので、なんか気が進まんという。
アニメと原作は全然違うと思うんだけど、なんかな。
つーか、面霊気。
これほど配役がしっかりした原作もないよなと。
拙者が勝手に当て嵌めたキャストで映画作れちゃう程しっかり想像できちゃうから。
今すぐ頭の中にカメラさん入って来て。
脚本と監督と演出やるよ。
冒頭の本島と近藤とか、大野さんとニノで超想像できちゃう。
拙者が読まなくても2人が勝手に読んでくれるから。
薔薇十字探偵社のとこもみんな動く動く。
完全にスクリーンよ。
つーか、やっぱ好きだなぁ外伝のが。
関口がね、読んでて面白くないからね、でも本編は関口でないと話にならないわけでね、まぁ姑獲鳥以外はそんなうざくないらしいからそこまで苦手でもなくなるだろうけど。
それでも、本島くんのような軽妙さはないわけで、あの凡庸な小市民代表がやっぱいいわけでね、新しいの出ないかなー本島。
でも雲外鏡まではまだ無理矢理入って入ってる感があったけど、面霊気まで読むとあ、ちゃんと仲間だって思える。
自分の中でもやっと完成した感じ。
嬉しいね。
これからは本島くんの仲間たちの活躍をがんばって読むことにするわ、泣く泣く。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。