上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の月曜日、ケーキ予約して家帰って4510行くまでまったりしてたら、懐かしい人から電話があって。
今年の春くらいに「廃品回収やる!」つって辞めたおっさんが「バイトせえへんか?」と。
拙者の場合、携帯電話なのに居留守を使うことはデフォなので出ないという選択肢もあったのだが、何となく出てしまい。
更にややこしいことはできたとしてもやりたくないので断るのがデフォなのに、なんとなく受けてしまった。
で、そのバイト内容がこれ。
moblog_7f1e33e4.jpg
廃品回収のトラックが拡声器やスピーカーで流してる文句を拙者の声で録音してくれと。文句はこれだと。
読んだ感じ、文章を書く身としては許せない部分が多々あるのだが、まぁ発音でカバーしてやるかと。
録音機器もテープも向こうが用意して3000円くれると言うので、まぁラクっちゃあラクなバイト。
何せ拙者今お金に困ってるしね、3000円とか大金、どーもありがとう、御金様はわしを見捨てへんなってなもんよ。
で、次の日の朝、4510終わってから機材を受け取って、まぁヒマがなかったもんで日曜日にやってやったわけだけども。
つーか今時テープて。
ラジカセでマイク持って録音て。
しかも当初10分テープ裏表を埋めてくれりゃいいって話だったのに、受け取ってみたら2本だったしね。
「うちはいつもニコニコ現金払いや!」と金も先払いだったから、まぁいいんだけど。
しかも10分間ずっと読み続けるなんてバカなことはせんでもいい時代だしね。
例えテープでも、あいぽんたんを間に挟むだけで、こっちはただ静かにしとればええだけなんやから。
まずあの文句が何秒かかるかはかって、30秒くらいかと思ったら1分だったので、尺に合わせてボイスメモに録音して、マイクとテープとラジカセとあいぽんたんスタンバッて、ストップウォッチで余白計算しながら再生ボタンを片面5回ずつ押すだけで、もう一本あるから計20回押せば出来上がりだから。
うちでいちばん難儀なのは静かにしろってとこね、猫が黙ってないから鳴き声まで入っちゃうってとこで。
まぁそこは1階のあんま使ってない部屋でやったら静かなもんだったけど。
元々アニメとか声優とか好きだから、『声のお仕事』っていっぺんやってみたかったし。
『声のお仕事なう』とかいっぺんつぶやいてみたかったし。
夢が叶った。
で、今日はそれを受け渡してきたわけだが。
自分的には風邪ひいていつも以上に鼻声だったし、録音の・・・・・・収録の日、風が強くて窓のガタガタ鳴る音が入っちゃったかとか、確認できずに渡してしまって不備が結構あったんだが、そんなことは昭和な田舎のおっさんは気にしないよね。
大絶賛でした。
思いの外スピーカーで流すとカワイイ声になっちゃってて、試しにその場で流したんだけども。
ダイタイソーの駐車場で何やってんだか。
何かのルールに触れるだろうに。
アナウンサー的な声を出したつもりだったのに、出るね声ってね。
ま、イメージはゆりんだったからそれもよし。
また頼むわと言われてしまった。
このおっさんは工場の時から拙者のアメリカンな人の使い方を有能と解釈してくれてたので、廃品回収事業がでかくなったら欲しい人材だと言うのだが。
工場の人は「廃品回収て・・・・・・」とバカにしていたが、流行ってるしね、ボロいはボロいと思うから、拙者はバカにはしてないんだけど、何せ計算が立たないからね、やろうとも雇われようとも思わないけど。
褒めてもらえるのは大好物なので、久しぶりにいい気分であったが。
CD焼いたりできるかとか聞いてたからその手のバイトがまたあるんかもしれん。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。