初強制残業。

あるあると言われつつ初めての強制残業。
予定の個数を作れなかったら残ってでも仕上げなきゃいかんので、週の締めの班が強制的に残業して予定数を作ると。
強制っつっても派遣な人は送るバスの時間もあるので全員が残るわけじゃなく、残れる人を募ったり、足りなかったらマイカー通勤者に頼んだりして残す感じ。
メインのラインが動けばいいので人数的には半分でいいから。
拙者は文化祭の前日の夜中までかかって準備するみたいな感覚に似てて楽しそうだから、締めにあたる度に強制残業にならんかなーって思ってたんで喜んで手上げた。
案の定楽しかったし。
普段固定だから、限られた人数で配置すると有り得ん人が有り得んとこに入ったりして、拙者きょろきょろきょろきょろしてた。
結局30分程度だったけど、こういうのやっぱ楽しいな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きんぐさん

Author:きんぐさん
オレは惑星ニートの王子だぞ!
なめるなぁぁぁああ!!

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
小魚

松尾バションボリ

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ